矯正歯科の治療とは

目立つ歯並びを矯正歯科で

矯正歯科で犬歯が非抜歯なわけ

矯正歯科で八重歯と犬歯は一緒だと思っていたのは私だけでしょうか?八重歯とは歯並び、歯の位置の異常のことを言います。だからほかの歯でもそういうことはあります。八重歯があると口が閉じにくいとか、唇が傷付いてしまうということで悩んでいる人もいるようです。しかし、犬歯というものは、太くて根が深く最も寿命が長い歯なのでかみ合わせの面でもとても重要になってきます。これを簡単に抜いてしまうと、歯のベストなかみ合わせができなくなってしまうからです。だから矯正歯科では非抜歯にするというのが一般的で、それで治らないということになって初めて抜歯という方法になります。

犬歯(八重歯)の矯正

八重歯は、犬歯があごの骨が小さく本来生えるべき位置に充分な場がなかったり、あるいは、何らかの原因で乳歯から永久歯への生え変わりが上手くいかなかった場合などに起こります。要するに歯並びやかみ合わせなどの問題です。矯正歯科での治療法には、部分的に八重歯を削って小さくする、奥歯を後ろの方へずらし八重歯の場所をつくる、歯列全体の拡大で動かすなどがあります。抜歯も選択肢のひとつになります。あごの小さい患者さんの、歯を移動させやすくするすき間を確保するために、よく行われる方法です。ただ、矯正歯科では八重歯自体を抜くことはあまりしません。通常はその奥にある歯の方を抜く場合が多くなります。八重歯(犬歯)は歯の根が他よりも長く虫歯になりにくい歯です。しかも、前歯と奥歯をつなぐ大切な役目も果たしているからです。

↑PAGE TOP