矯正歯科で八重歯を

八重歯の矯正歯科治療

矯正歯科ではパワーチェーン

パワーチェーンは、チェーンとは言っても金属の鎖ではなくゴムで出来た鎖状の矯正器具です。単体で使用するのではなく、矯正歯科でワイヤー矯正を行う際に状況に応じて補助的な役割で使用する器具です。パワーチェーンを使う主な事由は、犬歯を動かすためが多いです。ねじれた歯を動かすためにも使う事があります。使用方法は、動かす歯と、動かしたい方向に応じて前歯か奥歯にチェーンをかけてゴムの力で歯を動かします。万一外れてしまった場合は、自分で直そうとせずすぐに矯正歯科に行く事が大切です。また、ゴム製なので着色しやすい食べ物を摂ると色がついてしまいやすい事も注意点です。

八重歯の場合は矯正治療で

八重歯は周囲の歯と犬歯が重なって生えたため外側に出たり、歯茎の上の方から生えたり、歯列がデコボコになったりする不正咬合の一種です。この歯が咬み合わせに参加できないため他の歯に負担がかかります。原因は歯に対して顎の骨が小さく犬歯の生えるスペースがないことや、乳歯と永久歯の生え変わりがうまくいかなかったり等です。治療するには矯正歯科での歯列矯正を行います。方法としては奥歯を後方にずらしてスペースを作る、軽度の場合は歯のエナメル質をけずり小さくして矯正する、歯に対して顎の骨が小さい場合は抜歯して矯正するという方法があります。気になる人は矯正歯科で相談してみるのがよいでしょう。

↑PAGE TOP